Category: 環境

クリニックの労働環境・条件は良いの?

2015年3月9日 at 7:07 AMCategory:環境

自分の都合ではなかなか休めない

ncusdihfdf

病棟勤務の時には、
人材不足とはいえ自分の体調不良の時などは
同僚に仕事を変わってもらうことができた。

という人は多いですよね。
お互いさまで融通を効かせることもできます。

 

でも、クリニックの場合には、思いのほか
自分の都合ではなかなか休むことが出来ません。

決まった休み以外の日に休暇を取ることが
実は難しいと言われています。
これは少数のスタッフで働いているからなんです。

 

急な休みは意外に取りづらく、
休む場合にもかなり周りのスタッフに気を使う
ということは多くなるようです。

逆に、規則正しい勤務を行うことが出来ますので、
計画を立てて休みを取ることは行いやすいんですよ。

 

年末年始や夏季やGWに長期休暇は取りやすい

 

病棟勤務と異なり、クリニックは年末年始や夏季、
そしてGWなど一般的な企業が連休を取る時期には
クリニックもお休みになることが多くあります。

そのため、クリニックに勤務している看護師も
この休暇に合わせた長期休暇を取ることが出来ます。

 

家族の長期休暇に合わせてお休みをすることが出来る
ということはとても多いんですよ。

自分都合での休みは撮り難くても、
家族と一緒に休むことが出来るからクリニックはいい
という人も多くいます。

 

夜勤なし、残業少な目

jfoijeif

クリニックの中には病床があるところもありますが、
病床を持たないクリニックが実際には多くあります。

また夜間診療を行っていないクリニックも
とても多くありますよね。

 

そのため、クリニックには夜勤がない。
というところが非常に多くあります。

また診療受付終了後は、よほどのことがない限り
患者さんの受付は行わないために、
残業も少なめになっていることが多くなります。

 

決まった時間から仕事が始まり、
決まった時間に終わる。
決まった曜日に働く。

というように、規則正しい勤務が出来るという
特徴があるんですよ。

 

自分に合うクリニックなら働きやすい

 

クリニックは経営している医師の考えによって
かなり個性があります。

そのため、医師の考え方と自分の考え方が
合っているというクリニックであれば、
働きやすい労働環境と感じる人が多くなります。

 

逆に、考え方に相違がある場合には、
働きにくい労働環境と感じる人が多くなります。

クリニック選びをする時にはこの辺りをしっかりと
考えて選ぶことで、労働環境が良く感じるか
悪く感じるかに分かれますよ。

 

給料は病棟勤務に比べるとやや低めですが、
これは夜勤などがないことを考えると
仕方がないと考える人が多いようです。

人間関係は比較的家族ぐるみの付き合いになる
というくらい濃い人間関係になることが多く
自分に合うと感じられれば居心地は良くなります。

 

クリニックと病棟との仕事・環境の違い

2015年3月9日 at 6:49 AMCategory:環境

専門性に違いがある

uhndsfjksf

クリニックと病棟の仕事には、
幾つかの点で仕事に違いがあります。

病棟勤務の場合、最近では看護師が行う仕事と、
看護師以外の人でも行うことが出来る仕事と
二つに分かれていますよね。

 

看護補助スタッフや臨床検査技師、
介護スタッフなどさまざまな専門性を持つスタッフが
分業制で仕事を行っていることが多くなっています。

でも、クリニックの場合には、これらを全て
看護師が行うというケースが多くなります。

 

病棟に比べるとクリニックはスタッフの数が少なく、
看護師は医師の診療を補助するさまざまな仕事を
任されることが多いんです。

看護職としての専門性だけではなく、
トータルにクリニックの運営を手助けすることが
仕事になってきます。

 

トータルな技術が要求される

 

病棟、特に大学病院のような場所は、
最近では看護師が注射や点滴のような
医療行為をほとんど行わない。

というところがあります。
これは研修医などに医療行為を行わせるためです。

 

大学病院の病棟勤務の看護師の中には、
点滴や注射などは普段行わない。
という人も多くいます。

でも、クリニックの場合には、このような
研修医の育成などは行いませんので、
点滴や注射などの医療行為も看護師が行う。

 

というケースは多くみられます。
看護師として行うことが出来る医療行為を
基本的にはほとんどできる。

ということが必要になるケースも多々あります。

 

少ないスタッフで仕事を行う

mcnhuyijsd

病棟の看護師はいくら人材不足とは言われていても、
数多くのスタッフが実施には働いていて、
それぞれが助け合いながら仕事が出来ます。

でも、クリニックは違います。
もともと働いているスタッフは少数で、
その範囲で仕事をこなしていかなければなりません。

 

患者さんが多い時などは、
目が回るような忙しさの中で仕事をする
ということが必要になるケースもあります。

医師、看護師、事務スタッフなど、
病棟よりも狭い範囲の人間関係の中で
仕事をこなしていく必要がありますよ。

 

病棟よりも濃い人間関係になるケースも
多いのがクリニックです。

 

経営する医師の個性が色濃い環境

 

クリニックの仕事は、
そのクリニックを経営している医師の個性が
とても濃くでる職場になります。

家庭的な医療を心がけているという医師であれば、
アットホームな環境で仕事をしていくことができます。

 

機能性を重視している医師が経営している場合、
スタッフにも機能性が求められることが多く、
定められたマニュアルなどがあるケースもあります。

病棟に比べるとこの辺りがはっきりとしていて、
働く環境が合う人であれば長続きし、
逆に環境が合わなければすぐに辞めてしまう。

 

このようなことが多くなります。
クリニックを選ぶ時にはこの医師の考えを
しっかりと確認することが大切なんですよ。

ナースが活躍するクリニックとは?

2015年1月16日 at 6:48 AMCategory:環境

クリニックでのナースの仕事

oiweridjf
 

病棟勤務と異なり、
クリニックではナースは何をするの?

入院患者さんがいないのに
看護の必要ってあるの?

 

このように思う看護師もいるかもしれませんね。
でも、クリニックでもナースの仕事があり、
必要とされています。

入院設備のないクリニックの場合、
外来受診にやってくる患者さんの問診をしたり、
医師の指示によって処置を行う
ことが多くなります。

 

医師が診療をしている間に、
看護師が外来に来た患者さんから病状を聞き、
それをメモして医師が受診の際の参考にする。

医師の指示によって注射や点滴の準備をおこなったり、
点滴の穿刺を行うなどの処置を行うこともあります。

 

バイタル測定などを行う必要がある患者さんの
バイタルチェック
なども看護師の仕事になります。

看護以外でも、院内のさまざまな仕事を任される
ということもあるんですよ。

 

産婦人科のクリニックにはナースが必要

 

ナースが活躍するクリニックに
産婦人科のクリニックがあります。

特に男性医師の産婦人科クリニックでは、
内診を行う時には女性が同席する必要があるので
女性看護師や助産師が必ずいます。

 

産婦人科は特に妊娠中で精神的に不安定になっている
女性も多く来院しますので、
ナースが親身になって相談に乗ることも必要です。

出産を経験したことがある看護師の存在は
これから出産に挑もうとしている妊婦さんにとっては
心強いですよね。

 

逆に産婦人科には妊娠を希望する女性や
婦人科を受診しに来ている女性なども多く来院します。

患者さんの中にもナーバスになっている方もいますので
この辺りの様子を良く観察する
ことも
ナースの仕事になってきますよね。

 

小児科のクリニックのナースの仕事

nvciuahudh
 

最近では病院らしくない小児科は増えてきています。
医師は白衣ではなく普段着、
そしてナースもかわいらしいエプロン姿。

病気を抱えて不安に感じている子供や、
その保護者に対して安心感を与えたり
病院に来ているという緊張感をほぐす。

 

そのためにナースが最初に保護者から
子どもの症状をヒアリングして医師の診察時間を
短縮させる手助けをするということがあります。

若い母親たちにとってナースは
気軽に話しかけることができる存在
として、
また頼れる存在になっているという事も多くあります。

 

小児科ではナースが重要な役割をしている
ということは多いんですよ。

 

他にも沢山、クリニックでは活躍しています

 

もちろん、産婦人科や小児科以外のクリニックでも
沢山の診療科目でナースは活躍しています。

内科、外科、整形外科、皮膚科、眼科、歯科
さまざまな診療科目でナースは働いています。

 

クリニックの場合、看護の仕事以外にも
院内のさまざまな仕事を任される
ということも
多々あります。

ナースも基本的には少人数で働いていますし、
ナース以外のスタッフともチームワークを大切にして
みんなでクリニックを盛り立てていく人が向いています。

 

地域のコミュニティーの一つとして
クリニックが存在しているケースもありますので、
気さくに話しかけられるようなナースが求められていますよ。